初めてコンタクトを使用すると決めた時、皆さんはどんな種類のコンタクトがあるか調べましたか?
私の場合は友達に聞いたくらいで、深くは調べませんでしたし、あまり気にもしませんでした。
装着した時「痛いだろうな」という恐怖感が先にたって、事前に調べることをしませんでした。

スポンサードリンク

コンタクトレンズの種類

聞くところによると、最初からどんなコンタクトにするか決めてから眼科医に来る人が結構多いそうですね。

それでも必ずしも希望通りのコンタクトになるとは限らないようです。
検査をして医者の判断にゆだねるほうが無難なようです。

ハードとソフトの違いは次のようなものです。

■ハードコンタクトレンズ

指に乗せてもしっかり形状を保持しているレンズです。
大きさはソフツコンタクトレンズに比べてやや小さめで、角膜に乗せて使用するといった感じになります。

装着感にはやや難点があり、初心者の人にとってはなじむまで少し時間がかかるため敬遠する人もいるようです。

しかし、この点さえ克服すれば、むしろ後々問題が起きにくいため、眼科医はこちらをす
すめる方が多いようです。耐用年数は平均して2年といわれています。

■ソフトコンタクトレンズ

ハードコンタクトレンズに比べて大きさは倍近くになり、角膜にかぶせる感じで装着します。

装着感はハードよりもかなり良いのですが、水分を含んでいるために、汚れが付きやすいといった欠点があります。

こまめな手入れが必要です。
一概にソフトコンタクトレンズといっても種類はいろいろありますが、耐用年数は平均して1〜年といわれています。

ハードコンタクト、ソフトコンタクトそれぞれに長所と欠点がありますが、あなたにとってどちらが良いかは眼科医と相談することが一番でしょう。

勿論、使用をはじめたら日々のケアと定期的な健診は必要です。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

コンタクトレンズ通販と比較:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://contact.eigo7.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。